シロアリ駆除やコウモリ駆除は専門業者にお任せ|根こそぎ退治隊

作業員

業者にお任せ

シロアリ駆除に関する歴史

外人

現在日本には22種類のシロアリが存在しています。22種いるといっても全てのシロアリが家の木材を食べてしまう訳では無く、家に害を与えるのはその一部の種類です。そんなシロアリに関する歴史について簡単にここでは説明します。まず、シロアリは3億年前には既に存在していたと言われています。日本においては平安時代にシロアリが存在していたという記録がある事が分かっています。そんなシロアリ駆除を専門とする業者が登場したのは明治頃の事となっています。つまり、シロアリ駆除業界は100年以上の歴史があり、業者の中にはかなり古くから現在まで続いている業者も存在します。それだけ歴史があるシロアリ駆除は、当時からずっと同じ方法で行われているわけでは無く、昔と比べると薬剤や方法は進化を続けています。

薬剤を適切に用いて駆除する

シロアリ駆除は業者によってもどんな方法で駆除をするのかは細かい部分が異なりますが、基本的には薬剤を用いる事によって駆除します。その際に用いられる薬剤は時代の流れと共に、安全性を重視した薬剤が用いられるようになっています。 また、薬剤は正しく使えば安全ではあるものの、極力使用する量は少なくして効果的に駆除をする事が出来る方が良く、薬剤の使用量を最小限に留めるために薬剤の散布だけではなく、ベイト工法と呼ばれる防除方法も現在では行われています。 そうした改善の努力のおかげもあり、現在では安心して駆除を行う事が出来るようになってきています。ただ、改善の努力は終わったわけでは無く現在も続けられており、今後もより良い方法が登場するものと考えられます。